2010年02月04日

BLSインストラクター資格更新について

めっつぇんばーむです。

AMR-TC所属のBLSインストラクターの皆さまへの伝達事項です。

BLSインストラクター資格の更新が日本国内でできることになりました。

方法は基本的にハワイでのやり方と同じで、BLSインストラクターリニューアルコースに参加していただく形となります。

8月までに資格が失効する主に関東地方で活動するインストラクターを対象に、下記の日程でリニューアルコースを開催します。

場所は東京です。詳細は追って連絡しますが、いずれかの日程を空けておいていただきますようお願いいたします。

 ■3月6日(土)

 ■6月12日(土)
posted by AMR-JAPAN at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | BLS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

ILCORコンセンサスミーティングの話題

救急医です。ダラスからILCOR consensus conferenceのテーマをいくつか書き出してみます。

これらはそれぞれのエリアでまだ結論が出ていないissueなので、C2010の関心がどこにあるかを知るには有用だと思います。

どのように記載されるかは知る由もありませんが・・・
またC2010にサイエンスが不十分と記載されれば、それはガイドラインの記述はG2005と変わらないということを示唆します。

Plenary session
全体討議ですから大物の議論なんでしょう。

Should drugs be removed from the pulseless arrest algorithm?
これはでかい・・・「なくす派」vs「なくさない派」があるのか?
Does "real time" feedback or debriefing improve quality of CPR or suvival?

Immediate defibrillation vs CPR before defibrillation

Under what circumstances should hands-only CPR be recommended?
これも大きなテーマですね。大分、冷静なディスカッションになっているのでは?と推測します。

Task Force Discussion
以下は個別の議論。
ALS

Physiologic feedback to measure CPR quality
Prediciting outcomes using end-tidal CO2

BLS
What is the best depth for chest compressions?
Does complete release (full recoil) between compressions improve outcome?
BLS2010はフルリコイルしなくてもいいのか?

What is the optimal rate for chest compression?
まだまだ変わる・・・

Education, Implementation, and Teams
What is the role of video/computer self-instruction for BLS training?

What is the quality of life for survivors of cardiac arrest?

What are the warning signs for sudden death in yound adults?

小児、新生児、ACS、病院前救護などのカテゴリーがあります。

そのほか面白そうなクエスチョンは、
全体セッションでERCのユニバーサルアルゴリズムが話題になるようです。よりシンプルに・・・

テレフォンCPRは有効か?
AEDかマニュアル除細動か?

こんなのもあります。
CPRは本当に害がないのか?
ショック後、直ちにCPRは正しいのか?それともリズムとパルスチェックか?

RRTの早期警戒症状は?

これくらいで止めますが、上記を見て明らかなのはサイエンス・コンセンサスはいくらでも変わりうるということです。

蘇生のファシリテーションをするにはガイドラインだけでなく、ワークシートを読無必要があります。

明日は早いので、これくらいで・・・
posted by AMR-JAPAN at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする