2010年12月23日

16歳のBLSインストラクター

ケリー社長が知っている中でインストを受講した最年少は16歳です。
かれこれ6年ぐらい前の話です。
ローカルの高校生がAMRでBLSインストを受講したとドリーから聞きました。
この高校生の父親はAMRの救急隊員です。
彼の誕生日祝いにBLSインストラクターを受講させました。
普通高校生だと受講料に使うよりも別の物を欲しがると思うけど
さすが救急隊員の息子だけあって目の付け所が違う!
小学生から大学生までアメリカの内申書には年間どれだけボランティアをしたか?
という項目があります。
ボランティアは強制ではありませんが
全くしなかったら何事にも不利になります。
良くあるボランティアはホノルルマラソン時の水渡しか
その他ホノルルで開催されるイベントの旗持ちなどがあります。
誰もやらないようなボランティアをした場合評価が高いようです。
実際彼もホノルルマラソンのメディカルボランティアもしていました。
高校生の間はコース開催が出来ませんから
大学生になるまでは父親と一緒に学校に出向き
HS CPR IN SCHOOLやFAMILY & FRENDS CPR、
FAMILY & FRENDS FIRST AID FOR CHILDREN
を中心に教えていました。
別に高校生の時からコースをしてもAHAルール上問題はありませんが、
ただ両親の意向で大学に入るまではボランティア一筋で
一般コースをさせなかったようです。
大学に入ってからは自分で授業料を稼ぐ為に
18歳からBLS HCPやHS CPRを一般向けに教えていました。
AMRで教えていたわけではなく彼が教えていた方法は
オプショナルツアーをしている会社や幼稚園、
介護施設にに出向きそこでコースをしていたようです。
彼も大学を卒業し今はAMRの救急隊員になっています。
AMRでAMLSプロバイダーとPHTLSプロバイダーコースの時
患者役をやった人だと言えば覚えていると思います。
彼のように16歳からでもBLS INSTコースの受講は可能です。
彼の場合は18歳から一般向けコースを開始しましたが
AHAの規定にはいくつから一般コースをしてもいいというルールはありません。
AMRでBLS INSTを取得した人は誰でもどこでも、どの国でも教えることが出来ます。
高校生や大学生も受講してみてはいかがでしょうか?
posted by AMR-JAPAN at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。めっつぇんです。

詳述は避けますが、実は日本にも16歳(高校生)のBLSインストラクター、います。

特にファーストエイド分野で健闘を見せています。

次に若いのは19歳。この方は看護学生さん。

実力があって積極性があれば、日本でも決して不可能な話じゃありません。
Posted by めっつぇんばーむ at 2010年12月26日 22:44
ご無沙汰していますめっつぇんばーむさん
日本でも16歳のインストラクターがいましたか?
知りませんでした。
日本もハワイも最初はファーストエイドからスタートですね。
16歳でインストを取得した彼も今は結婚して1児の父親となりました。
いずれは子供にインストを取得させると言ってますがまだ1歳です。
Posted by ケリー社長 at 2010年12月28日 18:40

この記事へのトラックバック