2011年04月04日

AMLSインスト

前回AMLSインスト取得者人数を掲載しましたが、今回は特徴をお知らせします。
太っていた人が何名で、お出来が悪い人が何名とかの話ではありません。

第一回AMLSインストラクターになった人たちの職業はバラバラです。
医師、看護士、医科大の講師の方達です。
AMRのルールでは医師だけに偏らずそのほかの方達も積極的に受け入れています。
ただ残念だったのはインスト受講者に救急隊員がいなかったことです。
AMRは民間救急車の会社ですので日本の同業者の方にも受講して欲しかったようです。

ここからが本題です。
インストラクターになるといいことがあります。

1.日本でインストラクターコースが開催でき、インストラクターの育成ができる

2.好きな場所(海外でもOK)でプロバイダーコースとインストコースが開催できる

3.コースカード及び修了証書に責任者の名前とサインが入る

4.インストの有効期限は4年間

5.コース開催の時責任者がインストラクターを選べる

6.プロバイダーの有効期限が選べる(2年か4年コース)


AMRで受講している人は4年間有効のカードが発行されていますが、場所によっては2年間有効のカードもあります。

不便なことは

・4年に1回ハワイに来て有効期限内にインストの更新をしなければいけない

・4年に1回プロバイダーも更新しなければいけない


これはあくまでもAMR HAWAIIで受講した人の場合です。

これを読んで私もAMLSインストラクターになりたいと思った人は
残念ながら次回のコースは4年後です。
posted by AMR-JAPAN at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック