2010年12月25日

G2010 Interim BLS for Healthcare Provider Course

神奈川県横浜市で講習展開をしているBLS横浜です。

昨日、ガイドライン2010準拠のBLSヘルスケアプロバイダーコースを開催したのでご報告します。



たまたまガイドライン2005の受講経験者が多かったので、傷病者発見からC−A−Bの流れに入るまでが最初は戸惑いだったようです。

しかし、慣れてしまえば、引っかかることもなくスムースにCPRがスタートでき、蘇生で一番大事な手技、胸骨圧迫を開始させるためには、とても有効な方法に思えました。

問題の、DVD再生の途中で別のC-A-Bシーケンス動画を見せる方法ですが、私はパソコンを使いました。

C-A-B動画を見せた後は、DVD再生のウィンドウに戻って、少し先送りするだけ。ディスクを入れ替える必要もありませんし、簡単です。

この場面では、教科書には載っていないG2010のCPR開始までの手順について、ある程度、説明をする必要があります。そのために私はPowerPointで簡単になまとめ資料を作り、それを使って「見て聞いて感じて」がなくなった説明や、新しいC-A-Bの流れをもう少し具体的に図示して解説しました。



ガイドライン2010 Interimコースを開催する上で、なにより重要なのは反応確認の部分を何回も繰り返し練習してもらうことかなと思います。

頭で考えると体が動きませんので、とにかく大きな声で手順をガイダンスしながら、やってもらうこと。それを手早く何回か繰り返しました。



筆記試験では、ガイドライン2005を知っていると、引っかかりやすい部分もあったりしましたが、おかげさまで全員満点でコースを終了しました。

受講者からも質問がありましたが、これまでのガイドライン2005のやり方が染みついている人は、実臨床の上で無理して矯正する必要もありません。

細かい手順にこだわるのではなく、胸骨圧迫を遅らせないことと、死線期呼吸を見落とさない、という大事なポイントを理解しておけば、その場に合せた対応をしていけばいいのではないでしょうか?


私も含め、いまはまだガイドライン2005を引きずっている人が多数ですので、しばらくはあれこれ議論もあるかと思いますが、知らない人が、普通にコースを受けたら、覚えやすいし、実施しやすいしで、とても良い内容だと思います。

この新しい心肺蘇生法が日本国内でもふつうに普及しだしたら、大いに期待できそうです。
posted by AMR-JAPAN at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

PEARSプロバイダーコース/5月30日横浜

 はじめまして。こんばんは。
PEARSインストラクターのkulapaです。
 PEARSに関する内容など、書き込みをしていきたいと思うので、よろしくお願いします。



 5月30日に横浜でPEARSプロバイダーコースが開催されました。
今回は、そのコースの報告です。

受講生は、北は秋田、南は京都、名古屋と全国各地から。
しかも、今回のコースは小児を専門とする医療スタッフがいない、かつ学生もいるという珍しいコースでした。

 特に、最後のputtinng it all togetherのシュミレーションでは、受講生さん全員が、実際の患者を診るように、頭で考え、その子どもがどのような状態であるかを言葉にする、という行動変容に。

 学習した内容を、行動に変えることが出来るってすごいことです。
受講されたみなさんは、ぜひ、自分自身に拍手を!



今回のコースで改めて感じたのは、やはりPEARSを「小児」という言葉のみで語ってしまうのは、非常にもったいないということ。


PEARSでは、体系的アプローチという患者を評価する時の思考過程を学びます。この思考過程は、小児に限らず、成人にも応用することができます。

今回の受講生の中には、小児科のスタッフが一人もいませんでしたが、明日から医療現場ですぐにPEARSで学んだ内容を使ってみますという感想が多くきかれました。

 この受講生の言葉が、たとえ対象患者が成人であっても、PEARSのコース内容が十分に役立つことを示しているのではないかなと思います。

 小児となっているけど、実は成人の急変対応にも可能性を秘めているPEARSプロバイダーコース、一度、受講してみませんか。


また、8月にはハワイでPEARSインストラクターコースがあります。
興味のある方は、ぜひ、メール等で問い合わせをしてみてください。
posted by AMR-JAPAN at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

3月のハワイコース終了

ご無沙汰しています皆さん
ハワイのケリー社長です。
今日で3月コースが無事終了しました。
全員問題なく全てのコースに合格し「ホット」しています。
今回は全てAMRでの開催でしたので教室が寒い!
でもAMRで開催すると良いことは食べ物や飲み物を教室に持ち込むことができることです。
研修医の要望で初めてローカルランチを出してみました。
レインボードライブインのロコモコプレートとモチッコチキンプレートです。
結構な量がありましたが研修医や学生は間食出来ますが30歳を超えるとくどいものが入らなくなるのか医師の方は残していました。

今回のコースはインストラクターがとても感心していました。
受講生からの質問で「教科書の何ページには○○と書かれていますが、、、」
このような質問が出るのは事前勉強をしている人しか言えないことです。
その言葉を聞いたインストラクターは終了時間過ぎてもディスカッションに力が入っていましたが横で見ていたドリーが終わりという言葉を連呼していました。

NRPを受講した人はインストラクターから英語版の冊子をもらいます。
この冊子は教科書よりもわかりやすいと評判です。
インストラクターから翻訳許可をいただきましたので次回から日本語と英語版が渡されます。
過去にNRPを受講された方で日本語版が欲しい方はケリー社長までご連絡ください。
ただし翻訳担当は多摩にある某病院のK先生ですので時間がかかるかも?
NRPコースは人気がありますのでまた8月に開催します。
8月のAMRコースは8月25日〜29日です。
詳細はウェブにアップします。
posted by AMR-JAPAN at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 講習会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

AHA-PEARSプロバイダーコース/東京・茗荷谷

めっつぇんばーむです。

東京・池袋にほど近い茗荷谷(みょうがだに)で開催されたアメリカ心臓協会AHAのPEARSプロバイダーコースの手伝いに行ってきました。

東京・茗荷谷AHA-PEARS(ペアーズ)プロバイダーコース

PEARS(ペアーズ)プロバイダーコースは、2005年ガイドラインに基づいてAHAがリリースした最後の砦ともいうべきコース。

開発された順番にBLS、ACLS、PALSとコース教材の質は格段にグレードアップしていますが、その最終形がPEARSです。

そんな教材設計的には出来の良いコースなのですが、ただでさえインストラクターも受講者数も少ない小児救急の分野なので、日本ではAMR-JAPANでしか開催してません。

でも、おもしろいです。

具合の悪そうな人を見たとき、なにを観察してどう考えて判断・対処していけばいいのか、そんな思考パターンを形成するという、ある意味、医療者にとって基礎となる、でもあまり体系的に教えられることのない評価方法を訓練するコースです。

診断学の基礎を身につけるといったらいいんでしょうか。

もしかしたら「医師」にとっては当たり前のことかもしれませんが、私も含めナースにはけっこう斬新な教育だと思います。

今回受講された方もいちばん多いのはナースでした。

一応小児の二次救命処置に分類されるPEARSですから、小児科や産婦人科に勤務される方が目立ちましたが、PEARSはけっして小児にしか使えないわけではありません。

ここで形成される思考パターンは、成人にも使えますし、ファーストエイドの範疇としても傷病者評価に活かせるものです。

私の印象では、日本の既存の医療シミュレーション教育で言えば、JPTECやITLSといった外傷系のアプローチ法を内科系に置き換えたものという感じがしています。

私は受講したことはないのですが、今度3月にハワイで開催されるAMLS(Advanced Medical Life Support)なんかは近いものがあるのかなという気がします。


受講者の皆さんは、DVD教材の症例を見て、評価・判断・分類・安定化をディスカッションし、席を立ってマネキンの前でシミュレーションして、ということを繰り返して、新しく学んだ評価方法を体を使って、声を出して、自分のものとしていきました。

後日、受講者の感想などは「茗荷谷・患者安全トレーニングプログラム活動ブログ」にアップされるんじゃないかと思います。

今後、東京・茗荷谷でもPEARSプロバイダーコースが開催されていくようです。

3月にはハワイでPEARSインストラクターコースが開催されますが、関東周辺の方も資格取得後、訓練を積む場があるということで、受講希望者が増えたりしないかな。

ちなみに3月にインストラクターコースを受講する予定の人も、早速コースの手伝い兼見学で見えてました。

「看護師には絶対に必要なコース!」と熱い思いを抱いているようなので、今後、PEARSが開催される場所が増えることを願って、今後を期待したいと思います。
posted by AMR-JAPAN at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

東京茗荷谷ACLSプロバイダー1日コース

めっつぇんばーむです。

東日本ではおそらく初めてのAHA-ACLSプロバイダー1日コースが無事終了しました。

私はリニューアルのため、受講生として参加させていただきましたが、インストラクターの先生方、お疲れさまでした。


約12時間、通常は2日間に分けて行うACLSプロバイダーコースを1日で終わらせる秘密は、受講者人数にあります。

ふつうはマネキン1体に対して、受講者が6名。

6名が順繰りにスキル練習を行いますので、6分の実習セッション、6分のデブリーフィングが6名分。

これを4名までに押さえることで、時間短縮させて1日という枠に収めたのがAMR-JAPANのACLSプロバイダー1日コースです。

ハワイではちょっと前からこのやり方が行われていたようで、去年あたりから日本のコースでもこの方法での開催許可がおりて、AMR鹿児島では早々に1日コースのテストを始めていたようです。

東京でも今回の手応えを受けて、今後は積極的にACLS1日コースを展開していくそうです。



12月はPALSを行いますので、おそらく来年1月、またACLS1日コースが企画されるのではないでしょうか? 近日中に予定が発表になるそうです。
posted by AMR-JAPAN at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

ナースモードに切り替わるとき

こんばんは。めっつぇんばーむです。

さて、今日はBLSヘルスケアプロバイダーコースでありがちな一コマについてお話します。


BLSヘルスケアプロバイダーコースの受講者で圧倒的に多いのは看護師さんです。

公募コースを開くと、いろいろな施設で働くいろいろな看護師さんとお会いしますが、中には緊張の面持ちでいらっしゃる方がけっこういらっしゃいます。

コース中に質問を振ったり、傷病者評価のところで、「誰か来てください!」「あなたAED、あなた救急カート!」といった声を出す場面で、恥ずかしがってなかなか声がでないということもありがちなのですが、、、、


練習を進めていくと、あるふとした瞬間から、急に声の張りが変わる場面にしばしば遭遇します。

「大丈夫ですか?」という声かけが、急にキビキビと、リアルになるんです。



冒頭で、「ナースモードに切り替わるとき」とタイトルをつけさせていただきましたが、まさに職業人としてナースの顔に切り替わった瞬間。

講習会場という不慣れな場にいる「受講生」の立場から、臨床のナースの姿に戻った状態。

そんなときに、普段の仕事の場で遭遇した急変場面などを少し尋ねてみたりすると、その先の練習により真実みが出て、現場で転用可能なスキルのトレーニングへとつながっていきます。

中には、すごくシャイな受講生さんもいて、自己紹介のときにはちょっと心配になっちゃったりもしますが、いざやってみると、どんな人でもやっぱり芯は看護師さんなんだなぁと思うのです。
posted by AMR-JAPAN at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

根拠を知って、指導に幅を!

こんばんは。めっつぇんばーむです。

先週末は、こじんまりとBLSヘルスケアプロバイダーコースを開催しました。

受講生4名、インストラクター2名、モニター生1名、見学者2名で、和気あいあいと。

ナース3名、一般市民1名の受講者さんで、市民の方は消防の応急手当普及員として活躍してらっしゃるバリバリな方。

医療者に紛れて受けるので心配です、なんておっしゃってましたが、手技はもちろん、テキストの読み込みやBLSへの理解もピカイチ。こちらからの質問の投げかけに対してもなかなか深い洞察に満ちた答えで、わたしも大いに勉強させていただきました。

今回は、全参加者のうち、3名が医療のバッググラウンドを持たない方で、しかもみんな応急手当普及員だったり、ライフセイバーだったり、インストラクター候補者だったりしたので、「根拠」という部分を若干強調した司会進行にしてみました。

技術の習得のみならず、今後指導の任に当たる立場としての糧になったらいいなと思っています。

特に手応えがあったのが、「胸骨圧迫30回を23秒未満で行う」というスキルチェックシートの項目。

実技試験後にスキルチェックシートを見せながらのフィードバックでちらっとお話したのですが、30回の圧迫が23秒より遅いとダメ、言い換えれば、「1分間に80回のテンポより遅くなければ合格」という事実は、やはり意外だったようです。

こんなことは一般受講者は知る必要はないのですが、団体はどこであれ、BLSを指導する人には是非知っておいてほしいことだと思っています。

受講生の手技をどこまで許容するか、このさじ加減を根拠性を持ってコントロールできるのが、少なからずインストラクターの質というかプロ意識に関係している気がしています。

30:2とか、5秒以上10秒以内、1分間に100回というような数字。

ガイドライン上のこれらの数字を受講生に押しつけるのは簡単ですが、受講生は窮屈に感じて、CPRは難しいという印象を植え付けてしまう危険性が隠れています。

「甘く採点する」というのとは本質的に意味が違います。

どこまで寛容に見られるかを的確に判断できるのは、根拠を知っていることで生まれる指導の幅です。

そうした幅を身につけるにはプロバイダーマニュアルで勉強するだけでは不十分で、現行のガイドラインの精読やAHA教材の解析から得られる理解です。

また旧ガイドラインから変わっていない部分については、ガイドライン2000版のガイドラインやヘルスケアプロバイダーマニュアルの方が実は詳しく書かれていて、今でもバリバリに有効です。

もう既に絶版になっていますが、アマゾンでは中古本が1000円程度で買えますので、インストラクターだったら、ぜひ、ガイドライン2000版のテキストも一読することをお薦めします。
posted by AMR-JAPAN at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

PEARSプロバイダーコース

めっつぇんばーむ@病院当直中です。

今日は珍しく、定時前にすべてのオペが終わって余裕綽々の当直番。こんなの今の病院で働きはじめて初めてかもしれません。(申し遅れました、私、本業では手術室専属の看護師をしています)

まだ0時前だというのに当直の相方が早々にベッドに入ってしまい、いつの間にか寝入ってしまったので、そっと明かりを消して別室へ。

ということで、のんびりとネット接続をしております。

先週末は、福井でのハートセイバー・ファーストエイドコースとPEARSプロバイダーコースにお邪魔しました。

日曜日に終電で帰ってきて、今日は病院泊まり。本当はせわしない週の切り替わりでしたが、ちょっと救われた感じです。



さて、そんな話は置いておいて、PEARS Providerコースについて少し。

私、いままでちょっと誤解していました。

PEARSはPALSの一部を抜き出したものと思ってました。

だから、ナースでもPALSを受けた人にはあえてPEARSは不要かなとも思っていたのですが、実はそうでもなかったということが判明。

PALSは「難しい」という印象がありますが、やっぱり難しいんです。

というのは、異常呼吸の鑑別だとか、呼吸音の聴取ができてあたりまえという前提でコースが組み立てられています。だからそこらへんの予備知識、というか経験がないと先に進めない。で、こればっかりはテキストだけじゃどうにもならないところで、自己学習にも限界がある。

その点、PEARSプロバイダーコースでは、DVDの中の実際の映像・音声として異常呼吸の鑑別のトレーニングが組み込まれています。

PALSのDVDの内容がうろ覚えなもので、ちょっとあやしいことを言っているかもしれませんが、PALSのDVDでは、「これが○○呼吸」みたいなテロップは出なかったですよね?


ということで、もしかしたらPALSでは知ったかぶりなまま先に進んでしまうかも知れない部分できちんと踏みとどまって学べるのがPEARS、と理解しました。

司会をしていたPALSのインストラクターさんがおっしゃってましたが、今度看護協会から頼まれている蘇生講習の中では、BLSとACLSに加えてPEARSの要素を取り入れたナースにとって即使える実戦コースにする予定だと。

やっぱり、そこはPALSではなく、PEARSなんだなと、妙に合点しました。

さて、次回のPEARS Providerコースは、東京で11月27日(金)、そして28日(土)には再び福井で。

コースの空き状況は私の方では把握していませんが、興味がある方はhttp://amr-japan.comから問い合わせてみてくださいね。
posted by AMR-JAPAN at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 講習会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

鹿児島でもBLS

鹿児島から『熱病』です.


本業の傍ら,BLSコースを時々やっています.
昨日もやりました.

今回の受講者は,学生さんが1名,看護師5名とこぢんまりとしたものでした.
インストラクターはJRC-ITC所属の気鋭のかたとモニターを終えたばかりの新人さんの予定でしたが,『気鋭のかた』はお子さんが熱を出したということで急遽不参加になりました.
6名の受講者を一人で見るのは全然たいしたことではありませんが,自分の担当もみて新人さんが担当しているほうにも目を配り,というのは気疲れしました.前回は受講者:マネキン:インストが1:1:1で,私は”外回り”に専念していたので,それとは大違いです.でも,まあ普通の所要時間で終わりました.

受講される皆さんも,新人インストラクターさんも,なんかこう熱い! 窓を開けておかないと結構暑かったです.

見学に来てくれた学校の先生が,受講者の一人の出身校の先生だったりで,違うところで盛り上がったりしていたのは,田舎独特の狭いコミュニティーを反映しているかもしれません.面白かったです.


九州では鹿児島以外にUSカードを発行できる県がないのが現状ですので,遠くないかたでUS-BLSをお受けになりたい方はお声掛け下さいね.
一応,県庁所在地ですし,鹿児島中央駅からは普通に歩いても15分のところでやってます.
posted by AMR-JAPAN at 23:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 講習会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

次回のPALS東京コースは12月19〜20日

めっつぇんばーむです。

昨日は、東京の茗荷谷に新しくできた活動拠点でのPALSプロバイダーコースにお邪魔してきました。

あいにく私はPALSインストラクター資格は持ってませんので、見学です。

会場は、東京メトロ丸の内線の茗荷谷(みょうがだに)駅から歩いて5分ほどの静かな住宅街の中にあります。(茗荷谷って地名、読めないですよねぇ。)

茗荷谷駅は池袋からだと2駅。便利な場所です。

ここにある京都科学さんという医学シミュレーターを作っている会社のラボセンターをお借りしてのコース開催。

この会場を借りて、今後も定期的にAMR-JAPANのBLS/ACLS/PALSコースを開催していくことになっています。その第一弾が昨日、一昨日だったというわけです。

PALSプロバイダーコースは、以前にAMR-TCで受講して以来、2回目でしたが、これってなんどか見学参加するべきコースだなと思いました。

DVD教材の中に、具合の悪そうなホンモノの患児が出てきて、その呼吸様式とか皮膚の色などを観察して評価していくという訓練をするのですが、受講生のときは緊張でなかなか気付かなかったポイントが、あとから見学参加するとよくわかったりします。

AMR-TC所属のPALSインストラクターは、全国でも数えるくらいしかいないため、復習参加するにしてもなかなかたいへんでしたが、今後東京で定期開催していくとなってうれしいかぎりです。

来月はACLSプロバイダーコース、再来月12月は再びPALS。


今回の受講者は医師以外にも、ナース、救急救命士さんが参加してくれていて、医師とコメディカルが半々くらいな感じでした。

PALSは小児科医向けの専門コースと思われがちですが、実はそんなことはありません。

子どもを対象とした診療活動に携わるすべての医療者が知っておくべき「基礎」を学ぶコースというのが正解。

医師よりは、ベッドサイドで急変の徴候に気付く可能性が高い看護師のほうが、どっちかといえば率先して受けるべき内容にも思えます。

AMR-JAPANはハワイ直轄コースですので、資格による受講制限等は行っていません。

12月19日(土)〜20日(日)にも東京でPALSプロバイダーコースが予定されています。まだ若干名枠が残っているようなので、興味がある方はお早めにどうぞ。

申し込みはこちらから⇒「茗荷谷・患者安全トレーニングプログラム開催のご案内
posted by AMR-JAPAN at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする