2010年05月15日

BLSインストラクターコースの受講準備

めっつぇんばーむです。


8月のハワイでのインストラクターコースの公募も始まって、受講を検討しているという方へのアドバイスとしていくつか書いてみたいと思います。

今回は私の得意分野のBLSインストラクターについて。

まず、基礎要件の確認です。

BLSインストラクターコース受講に必要とAHAが定めているのは、

・有効期限内のヘルスケアプロバイダー資格
・コアインストラクターコース修了
・有効期限内のハートセイバーファーストエイド資格(Healthcare Professional以外の人に必須)

の3つです。

最後のハートセイバー・ファーストエイドに関する条件は、2008年に発表になった新しいBLS & Heatsaver Faculty Guideで明示されるようになった新条件です。

Healthcare Professionalであれば、必要ないとも読み取れる書き方になっていますが、それはアメリカ国内の話。アメリカの医療従事者であれば、アメリカのOSHA基準のファーストエイドは知っているのが当たり前だから省略される、という話です。

日本では医師免許を持っていても、エピペンの使い方を知っている人は少ないですし、そもそもOSHA基準がなんたるかを知っている人はいません。

ですから、アメリカ合衆国の医療者免許を持っていない日本人受講者は、AHAハートセイバー・ファーストエイドは全員必須です。

コアインストラクターコースは、今は日本でもAHA代理店を通してテキスト&CD-ROMを入手できますから、それらを手に入れて独習で修了すればOKです。もちろんITCが開催しているクラスルームスタイルの講習を受講しても可。

ヘルスケアプロバイダー資格は、AMR-TCのインストラクターになる以上、AMRコースを受けて欲しいところですが、まあ、ビデオベースのAHAコースは公認コースである以上、世界中どこでも質は担保されているはずなので、ITCでの取得でも許容される、、はず。

詳しくはAMR-JAPANウェブのメール送信フォームからハワイ担当者に直接、ご相談ください。


以上は、AHAのコース運営マニュアルのPAM等で規定されているグランドルールです。


それに加えてAMR-TCでは、ハートセイバーAEDもしくはハートセイバーCPRの受講を義務づけています。

これはコンセプトも教材設計も全然違っている市民向けのハートセイバーコースを知らない人にはBLSインストラクターになる資格がないというAMR-TCの独自基準です。

確かにごもっとも。医療者向けヘルスケアプロバイダーコースしか知らないというのでは、AHA BLSコースのほんの一部しか知らないという点で半人前以下です。

よく勘違いされていますが、ハートセイバーAEDコースは、ヘルスケアプロバイダーコースの下位コースではありません。まったく別物です。


それを理解せずにAHA BLSコースを指導するのは、正しいAHAのマインドを日本に伝えるというUSインストラクターの使命としては失格です。(だからこそ2008年に改訂されたBLSインストトラクターコースDVDでは、ハートセイバーCPRのスキルチェック練習や、ファーストエイドonlineコースのための実技評価の連取が盛り込まれているわけです)

実はハートセイバーコースはたくさんありますが、CPRに関しては基本的にすべて同じ造りになっています。ですから要件的にはより短時間で済むHeartsaver CPRで充分なのですが、ハートセイバーCPRは日本語教材がありませんので、最近はハートセイバーAEDを受ける方が多いです。


一応これらがAMR-TCのBLSインストラクターコースを受けるための条件です。

数年前にHeartsaver Bloodborne Pathogens(血液媒介病原体)コースが新設されて、AMR-TC BLS Instructor条件として、HS-BBPの受講が追加されるという噂もありましたが、今のところは大丈夫なようです。(もちろん受けるに越したことはありませんが)


以上のように、8月の受講を目指す人は、まずはハートセイバーAEDとハートセイバーファーストエイドを受講するプランを立てましょう。

どちらのコースも日本ではあまり開催されていないのでちょっとタイヘンかもしれません。

AMR-TC主催が理想的ですが、なかなかそういう訳にもいかないので、ITCカードでも許容されています。


現時点で、8月末までに開催されるコースは下記の通りです。

● Heartsaver First Aid
  5月16日(日)東京
  5月26日(水)横浜(JSISH-ITC)
  5月27日(木)横浜(JSISH-ITC)
  6月1日(火)東京
  6月6日(日)東京(JSISH-ITC)
  6月6日(日)横浜

● Heartsaver AED
  7月18日(日)横浜(JSISH-ITC)

ハートセイバーAEDは、他のITCでもたまにやっていますが、ファーストエイドは AMR-TC か JSISH-ITC(元JRC-ITC)しか開催してませんので、計画的に早め早めの準備をおすすめします。


あと、最後に、言うまでもありませんが、ハワイで開催されるインストラクターコースの講師(Faculty)はアメリカ人で、英語で開催されます。

日本人のFacultyが臨席すれば、ある程度の通訳ができる場合もありますが、保証の限りではありません。

英語に自信がない場合は、日本で十分な情報収集をしてから望むことをおすすめします。(具体的にはAMR-JAPANのコースにアシスタント参加して先輩インストラクターから話を聞いておくとか)
posted by AMR-JAPAN at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

ハワイ8月コース募集開始

遅くなりましたが、8月のハワイでの集中コースの募集を開始しました。(AMR-JAPANホームページよりどうぞ

今回は、AHAのインストラクターコースのほぼすべてが網羅されています。

BLSインストラクター、ACLSインストラクター、PALSインストラクター、PEARSインストラクター

残念ながらBLSとPALSは日程がかぶっているので、この二つの同時取得は無理ですが、需要が多いBLSとACLSは可能です。

以前は、全部ハワイでモニター試験だったので、同時取得は準備がタイヘンで寝る間もないくらいでしたが、今は日本でモニターが許可されるようになったのでだいぶラクになってきたんじゃないかと思います。


前回、ハワイ大学のキャンパス閉鎖で中止になったFCCSもしっかりやるようです。ただしこちらは病院ER見学などを含んだ医療研修ツアーに組み込まれていて、空き枠に限りがあるという点で早い者勝ち。


皆さま、どうぞ夏休みに向けてご検討ください。


なお、申し込みフォームには、新規かリニューアルかを示す項目を付けませんでした。

すでにACLSやPALS、BLSインストラクター資格をお持ちで、その更新のために申し込まれる方は、コメント欄に「更新です」と一言付記いただけますと助かります。
posted by AMR-JAPAN at 10:39| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ハワイのインストラクターコースに向けて

めっつぇんばーむです。


8月のハワイ集中コースの日程が発表になりましたね。

FCCS以外の申し込みページは土曜日あたりには公開できそうな感じです。

AHAインストラクターコースを狙っている方は、受講条件にご注意くださいね。

AMRでは、BLSインストラクターコース受講の要件として、ヘルスケアプロバイダーコース修了とコアインストラクター以外に、ハートセイバーファーストエイドとハートセイバーCPRないしAEDを挙げています。

ハートセイバーファーストエイドとハートセイバーAEDは日本では開催数が極端に少ないので、8月狙いの方はそろそろ受講の目途を付けておいた方がいいと思います。

またPALS Instructorコースには、条件としてPEARS Provider修了が追加されています。

PEARSもなかなか開催されていませんのでご注意を。今のところは5月末の横浜コースが直近です。(その後、8月までの間に開催される保証はありません)

ACLSではBAIC EKGというのが条件として加わったようですが、こればかりは日本ではやっていませんので、8月23日〜24日のハワイでのコースを受けなくてはいけないということなのでしょう。

詳細はもう少々お待ちください。



追記:
ハワイのインストラクターコースの受講条件に関して若干の修正です。

PALS Instructor Courseを受講に際して、PEARS Provider資格は必ずしも必須ではありません。ただしPEARSを指導する際にはPEARS Providerが必要です。

ACLS Instructor受講資格としてのBasic EKGですが、ハワイでは医師以外の人には必須としているようです。日本人の場合も、看護師、医学生、看護学生、研修医には強く推奨しますが、必ずしもACLSインストラクターコースの前に修了していなくても大丈夫、とのこと。具体的に受講を考えている方はハワイサイドへ直接お問い合わせください。AMR-JAPANウェブサイトからの問い合わせフォームに日本語でお問い合わせいただいて大丈夫です。
posted by AMR-JAPAN at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

8月のAMRコース

まだ雨季なの?肌寒いハワイのケリー社長です。
8月のAMR主催コースが決定しましたのでお知らせします。

8月23日(月) BASIC EKG 1日目
8月24日(火) BASIC EKG 2日目
8月25日(水) BLS & HS INST & RENEWAL
         PALS INST & RENEWAL
8月26日(木) AMLS 1日目
         ACLS INST & RENEWAL
8月27日(金) AMLS 2日目
         PEARS INST
8月28日(土) NRP

BASIC EKGとAMLS、NRPに関しては募集締切りを7月20日までといたします。
7月20日までに最低人数が集まらない場合はキャンセルになります。
インストコース開催は決定です。

受講申し込みは近々AMR-Jのウェブで受付します。
posted by AMR-JAPAN at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 受講者募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

FCCSとSIMTIKI、視察セットコース開催

3月にハワイ大学の都合でキャンセルになりましたFCCSコースを8月に開催することになりました。
このコースはUniversity of Hawaii John a burns school of medicineとTripler army medical center、SIMTIKIが開催します。
FCCSに関しては4年間有効の修了証とバッジが付きます。
またアメリカ国内に留学する際必要なPhysician CME creditsが付きます。
simtikiコースも修了証が発行されます。

今回のコースは研修医と医学生対象コースです。
またハワイからもローカル医師が何名か参加します。

日程は
8月23日 7:30AM - 4:00PM FCCS1日目
8月24日 7:30AM - 4:30PM FCCS2日目
8月25日 8:00AM - 9:00AM クイーン病院ER視察
      9:30AM - 10:30PM AIRMED 
空港内にある施設と搬送に使用しています飛行機内の見学
      11:00AM - 12:00PM ハワイ大学内でランチ
      1:00PM - 5:00PM SIMTIKI
      Acute care resident workshop

5月2日からAMR-Jのウェブで募集を開始します。
AMRコースとは違い人数制限があります。
受講希望者は早い者勝ちです。
posted by AMR-JAPAN at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

AHAハートセイバー血液感染性病原体コース

たいへんご無沙汰しております。
めっつぇんばーむです。

久々のコース開催報告、今回は Heartsaver Bloodborne Pathogens(ハートセイバー血液感染性病原体コース)です。


公募コースとしては日本で2番目だったかもしれません。

そんな希少なコースに参加してくださった面々は多彩です。

医師、看護師、医学生、会社員、スポーツインストラクター、中学生、AHA-BLSインストラクター候補者、某ITC BLSインストラクター。


あまりにバラバラすぎてモチベーションの持っていき方に困ってしまいましたが、結果的には医療現場に偏りすぎてちょっと失敗だったかなと反省。

もともとアメリカ国内で血液に触れる可能性がある職種への法定義務講習ですから、その存在意義自体が日本では微妙なのは明らか。このコースがドンぴしゃの方はそうそういません。

このコースから100%の恩恵を預かる人は日本にはいませんから、日本ではもてあますこのコースの中からどれだけ実用的なエッセンスを持ってかえってもらえるかが勝負どころ。

やっぱり募集段階である程度、対象を絞るなり銘打ってしまった方がいいのかなと思いました。

今後、AHAハートセイバーファーストエイドコースとの抱き合わせ開催(?)を考えていますが、この場合は必然的にファーストエイド・プロバイダーのための血液媒介病原体対策という大義名分でいいのかな。


血液を通して感染する病気に関する知識は医療従事者であれば常識的に知っています。(まあ、医療者と言えけっこうアヤシイという現実はありますが)

それを一般市民レベルまで周知徹底しようというアメリカの考え方はすごいですね。

これはOSHA(米国労働安全衛生局)基準で規定されていることなのですが、HIVが蔓延したのをきっかけに制定された法律のようなもの。

日本人で、一般市民層ではさほど気にされない点ですが、秋葉原の通り魔事件でにわかにクローズアップされました。

日本でもアメリカ並みに人々の意識に上るようになるのかなぁ、、、、

せめて必要な立場・職種の人には是非知っていて欲しい内容です。
posted by AMR-JAPAN at 01:04| Comment(3) | TrackBack(0) | ファーストエイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

ACLS INSTのおまけ

こんばんは一方的に日記を書いても返事は書かないケリー社長です。
今日はACLS INSTのおまけについてお知らせします。
AMRでインストを取得した人には別コースのインストが付いてきます。

例えば BLS INST = HS INST
    PALS INST = PEARS INST

今までACLS INSTにはおまけがないと思っていましたらAHAプログラムとは関係ない独自コースが開催できる BASIC EKG INST がありました。
これはケリー社長も全く知りませんでした。

ACLSプロバイダーを受講条件としてBLS HCPカードが必要だと思っていましたがハワイの場合医学生や看護士にはBLS HCPとは別にBASIC EKGが必要条件と書いてあります。
これはハワイだけではなく他州も同様の条件だそうです。
今まで日本人受講生がハワイでACLSプロバイダーを取得してもBASIC EKGについて問われなかったのは国が違うからだそうです。
AMRにいるACLS INST保持者に確認するとEKGを受講した人としていない人ではやはりACLSコース中にEKGのところで時間が掛かるという事です。
これはアメリカ人だけではなく日本人受講生も全く同じだと思います。
日本の場合EKGコースはまだ強制ではありませんが少なくともハワイで取得するAMLSコースには必要になってくるようです。

今回8月にBASIC EKGコースを開催します。
ACLS INST保持者の方はBASIC EKGを受講すると日本でコースを開催できます。
AMRでのコースは2日間必要ですが、今後日本で開催する場合はコース内容をアレンジしても構いません。

事前に日本でEKG教科書を手に入れる方はBASIC ARRHYTHMIAS (6th edition)を購入してください。
ちなみに教科書の厚さはAMLSやNRPぐらいありました。
posted by AMR-JAPAN at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

ちょっとした発見

AMRに出入りして早8年近く経ちますが最近思ったことがあります。
それはAMRの従業員の体臭です。
アメリカ人の体臭はものすごく臭い!
その臭さを隠すためオーディコロンをおもいっきりつけるのですが、安いオーディコロンをつけるので返って混ざった臭さを倍増させます。
それがAMRの従業員には体臭がない!
またオーディコロンの匂いもありません。
必ずどこの会社でも一人ぐらいは匂いのきつい人がいますがなぜかAMRにはいないんですよ。
不思議に思いドリーに聞いたら雇用する際体臭は第二条件だそうです。
第一条件は過去に犯罪歴がないか?ですが第二条件はAMR独自の案のようです。
面接の時点できつい匂いがあったら不合格です。

なぜAMRが体臭を気にするのか?
1.従業員が救急車に乗り込むときは二人ペアーになります。片方が臭いともう片方の気分が悪くなる
2.患者の気分を害する
3.ドリー自身が我慢できない
と言う事です。

日系人の血が混じっているドリーの新たな発見でした。
posted by AMR-JAPAN at 13:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

初挑戦

今日は大雨で肌寒いハワイのケリー社長です。
3月のハワイで初挑戦したコースがあります。
皆さんもご存知のBLS INSTですがいつもと違うのは受講生の中に
視聴覚障害をお持ちの方が参加しました。
AMRでは過去に脊損の方が受講したことはありますが視聴覚障害の方は初めての経験でした。
AHAのルールには障害を持った方のことは一切記載されていませんし、アメリカの法律でも障害者差別はできません。
ケリー社長は事前に紹介者から視聴覚に障害があることは聞いていましたが全く見えない、聞こえない状態ではないということでしたのであえてドリーにも伝えていませんでしたが、見えると言っても真正面だけでそれでも虫眼鏡を使用する状態、聞こえるのは補聴器を着けているからです。

コース当日ドリーはいつものように授業ををしていましたが違ったところはいつもより声が大きいことと、今まで筆記試験が無かったのに今回はBバージョンの筆記試験が出てました。
まだBバージョンは日本語化されていないので全て口頭での翻訳テストになりました。
実技試験は問題なくクリアーしていました。

翻訳や受講時のヘルプは今回BLS INSTに参加されました人たち7名の方が何も言わなくても担当してくれて本当に感謝します。
皆さんのおかげで彼も合格できました。
本人も合格したとわかると全員に深々と頭を下げていたのがとても印象に残ります。
本人は受講する前に相当勉強して望んだと思います。
後は日本でモニターテストを受けるだけですが、全て合格しても彼が実際日本でコースを開催できる日が来るか?
視聴覚障害を持っている人がインストをしても抵抗無く受講してくれるのか?とドリーと日本でコースが出来る案を考えています。
ドリーは自信がついたのか今後も障害を持っている人を受け入れていくと話していました。
posted by AMR-JAPAN at 15:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

初物PEARS INST

今日は初物コースのPEARS INSTについてケリー社長がお知らせします。
今朝NRPとPEARS INSTコースインストラクターをしましたパム・ウェストと会いました。
PALS INSTコースを取得している方はご存知だと思いますが乳児と小児を教えるのがとても上手と評判!でも授業は厳しいです。
予習をしていない人、授業態度が悪い人は平気で不合格にします。
予習をしているか、していないかわかる方法は独自で作成したプレテストです。
通常NRPやPALS INST、PEARS INSTコースにはプレテストがありませんがパムはプレテストをさせます。
今回PEARS INSTではプレテストはありませんでした。
本人は持参するのを忘れたと言っていましたがパムは40年のベテラン看護士ですので受講生が同じ看護士だからわざとかな?
看護士がインストを取得するのはとてもうれしいと言っていました。
本人曰くこのPEARSコースは看護士のために作られたプログラムですので看護士同士が教えるのが一番理解しやすいと言うことです。
今回受講した2名の看護士は実技も筆記試験も優秀だったようです。
初コースですので事前の情報もないのによく予習をしていたとパムが褒めていました。
めったに褒めないパムが褒めたということは授業が楽しかったのでしょう。
通訳をしてくれました多摩病院のK先生のおかげもあります。
PEARS INSTリニューアルはPALS INST保持者の方がします。
PALS INST保持者の方は一度PEARS INSTコースを見学されたほうがいいと思います。
posted by AMR-JAPAN at 17:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする